BL07:バイオ・イメージングビームライン

電子蓄積リングの直線部に設置した超伝導ウィグラー(4T)を光源として、偏向電磁石からのシンクロトロン放射光より高いエネルギーのX線を用いて材料評価などを行うことができます。ビームラインには、上流側から白色光の利用が可能な光学ハッチ、単色光の利用が可能な第1実験ハッチ、および第2実験ハッチが設置されています。


BL07の概観

光子エネルギー範囲

5 keV 〜 35 keV

エネルギー分解能(ΔE/E)

ΔE/E) 10-4

光子数

6.6 × 109 photon/sec @20 keV、
5.0 × 108 photon/sec @30 keV

ビームサイズ(試料面)

1.4 mm(H) × 0.5 mm(V)

研究分野 (キーワード)

タンパク質X線回折、イメージング、高エネルギーXAFS、マイクロビーム、蛍光X線分析

実験ステーション

 タンパク質結晶X線回折装置(第1実験ハッチ)

 X線イメージング(CT)装置(第2実験ハッチ)

 XAFS測定装置(第2実験ハッチ)

 マイクロビーム実験装置(第2実験ハッチ)